fc2ブログ

オレンジ色生活  

美味しいもの・楽しいことが好きな主婦です。日常生活・株主優待・懸賞・ネコのことを綴っています                            お気に入りブログは勝手にリンクさせて頂いています。ダメです!!という場合はコメント欄よりお願いします。
2022年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2022年07月
TOP2020年 ≫ 「オリジナルジュエリーポーチ」が届きました!!

「オリジナルジュエリーポーチ」が届きました!!

今日、2月権利取得分 4℃ さんより、選択しておいた優待品が届きました

    4℃ホールディングス
     「4℃ オリジナルジュエリーポーチ 2,000円相当」


佐川さんより届けられました
HQQR647020200817 (105) HQQR647020200817 (110)
4℃株は現在100株保有中・・・
買値 2470円 含み損 -67,775円

8008 4℃ホールディングス

市場    東証1部
株価    1792円
単元株数  100株
配当利回り 4.52%
権利確定日 2月末日


ブログランキング・にほんブログ村へ

株のこと・・

東京株式市場で日経平均は反落した
前週に大幅上昇したこともあり、きょうは終日利益確定売りが優勢となった
夏季休暇明けで手掛かり材料にも乏しく模様眺めムードが支配し、東証1部の
売買代金は1兆5014億9700万円と2兆円を大幅に下回り今年2番目に少なかった


今日買った銘柄
3895 ハビックス
今日売却した銘柄
2503 キリンホールディングス 


人気ブログランキング

DOLCE & GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ) の香水を検索していたら
こんなレビューがあって見入ってしまった・・・
 
懐かしの彼女

僕は3年前高校2年生の時、1つ年下の吹奏楽部の彼女がいました。
毎朝一緒に最寄駅から片道20分、一緒に登校する時にいつも隣からこの香水の
香りがして僕の青春の香りです。
身長が低くて二重の綺麗な瞳に艶のあるショートカット
進学校のなかで成績があまりいいとは言えず、毎日勉強に追われて大変で学校に
行くのが嫌でしたが、彼女に毎日会えると思うとその日々も楽しく感じられました。

毎日一緒に登校するものの、しばらくの間下校は別でした
部活がお互い忙しく帰る時間が合わないのはしょうがないものの、部活以外でも
塾などでなかなか一緒に帰れませんでした。
しつこく今日は一緒に帰れる?などと聞いてある日初めて一緒に帰りました。
今日はこんなことがあったんだよ、などとたわいもない話をしていた時、彼女が急に
胸を押さえてしゃがみ込み倒れました。
僕は呆然として何もすることができず近くにいた人が救急車を呼んで
彼女は運ばれて行きました。

実は彼女は生まれつき心臓に持病を持っており1日の終わり疲れが溜まるころに
激しい運動や長時間の軽い運動でさえ禁止されていたことを後日知りました。
しつこく頼み込んだ僕のために自分の体に鞭を打ち、大丈夫と信じ込んで帰ったものの
倒れてしまいました。

それから彼女の体に最大限配慮し約1年半、僕の卒業式の1週間前。
急にLINEで別れを告げられました。
理由を聞いても既読もつかず、ブロックされたのだと思います。
心当たりは全くなく次の日学校で彼女のクラスに行っても休んでいると聞き、
会うことができませんでした。

卒業式前日。翌日のために早めに寝ようとしたその時、彼女からラインが、
「ごめん、じゃあね」と。
次の日、無事に卒業式は終わり、なぜか彼女の親友から呼び出されました。
そこで彼女の持病が悪化して卒業式の日の朝亡くなったことを聞きました。
彼女は自分の体が限界を迎えてきてることを気づいており、僕を悲しませないために
別れを切り出したのです。
しかし、親友は僕と彼女のため、僕に最後の別れをしてほしいと思い親友である
僕の"元彼女"を裏切る形になるものの涙を流しながら僕に真実を告げてくれました。

先日友人が僕の20歳の誕生日に「香水」という曲の中で出てくるブランド、
ドルチェアンドガッパーナのこの香水をプレゼントしてくれました。
家に帰って香りを嗅ぐと一瞬時が止まったような気がしました。
彼女がつけていた香水と全く同じ香りがしたのです。
偶然同じものが僕の手に渡ったのです。
脳裏にあの1年半の思い出が蘇り、気づくと涙が止まりませんでした。
彼女を思い出すとどうしても何も手につかず泣いてばかりで、頑張って忘れようとした
日々が過ぎ、日常を過ごしていた僕にこの香水は気づかせてくれました。
彼女はずっと僕の心の中にいて、毎日一緒にいるんだなと。


レビューを書いた方の大切な思い出・・

前職場にいた女性の娘さんが高校生の時に急に亡くなったんだけど
同じような思い出を語ってくれたのを思い出した・・
ワタシがダラダラ過ごした今日は誰かがどうしても生きたかった一日かも
知れないな・・
ふと思った
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL